Select Page
ベトナム南部旅行4

ベトナム南部旅行4

今回の短いベトナム滞在では、ブンタウを訪れた以外、観光という観光は

しませんでした。

 

海外の国へ行って、有名な観光地を訪れるのはも  ちろん楽しいですが、

もっと好きなのは路地裏散歩です。

 

 

路地裏を散歩していると、妙にわくわくするのです。

そこに住んでいる人たちからすれば、なにそれ・・・と怪訝な顔でもされてしま

いそうです。日本で路地裏をうろうろして、じろじろいろんなところを見回って

いたら、不審者扱いすらされてしまいそうです。

 

でも、ここでの路地裏散歩は、とにかく楽しいのです。

おそらく路地裏を歩くと、その国の人々の生活が垣間見えるからだと思います。

 

自転車と人がやっとすれ違えるぐらいの狭い道を歩いていくと、平日にも関わら

ず、少しひらけたところで、住民たちが家の軒先で椅子に座って談笑しています。

ステテコ姿のおじさんがコーヒーを飲みながら新聞を読んだりしています。

フォーをすすっているおばさんがいます。バインミー(サンドイッチ)を作って

いる屋台のおばあさんもいます。大きな荷物を肩に担いで狭い路地を器用に

抜けていくおじさんがいます。暇そうにただ椅子に座って外を眺めているだけの

おじいさんもいます。

 

路地裏に並んでいる家々は、けっこうオープンです。家族で食事中だったり、ベッ

ドに寝転がってテレビを見ている人がいたり、洗濯をしてのんびりとその洗濯物

を干している人がいたり。

 

大通りの喧噪から離れて一歩路地裏へと足を踏み込むと、そこに住んでいる人の

生活が見えるのです。時間の流れも、急にゆったりした流れに変わったような

感じを受けます。どこからともなくやってきた外国人の私に対して、冷たい目を

投げかけるわけでもなく、にこやかに挨拶をもしてくれます。

 

ベトナム滞在の最終日、昼間、この路地裏で子どもたちの誕生日パーティーが行

われていました。家の中でやっているのではなく、散歩していた路地裏の狭い道

での光景です。日本にはこういうのないなあ、と思いながら楽しそうな子どもた

ちのはしゃぐ姿を見ていました。

 

昼間の誕生日パーティーが終わったかと思ったら、夕方頃からいつのまにか主役

は変わり、仕事などから帰ってきた大人たちの宴会に変わっていました。

 

近くの家に寝泊まりしていた私の部屋には、深夜2時、3時頃になっても

賑やかに歌を歌ったり、乾杯の掛け声が何度も続いたりする声が延々と

響いていました。

 

不思議と嫌な気持ちにはなりません。

 

こういうのがまたベトナムだよなあ、などと参加してもいないのに一人で満足感

に浸り、そのままほとんど寝ることもなく、翌朝5時には空港へと向かったので

した。

 

また今度いくときも、そしてこれからもずっと、なくなってほしくない光景です。

 

ベトナム南部旅行 3 Southern Vietnam Trip Part 3

ベトナム南部旅行 3 Southern Vietnam Trip Part 3

ブンタウは、ベトナムの熱海と言われているだけあって
(というわけでもありませんが)、やはりシーフードが充実していました。

ここは元々古くから漁師町として栄えていたようで、ブンタウ近海で水揚げされ
た魚介類は、ホーチミン市内のシーフードレストランなどでも多く使われて
いるんだとか。

夜の海にうっすらと浮かび上がる船の姿といくつもの灯り、ちゃぷちゃぷと波打
ち際に静かに寄せる波の音、どこからか集まってきて陽気に賑やかに宴を催すベ
トナムの人々。そして穏やかな潮風に吹かれながらオープンテラスでいただくシー
フード。まさに至福の時。

実は、ベトナムのシーフードをおいしいと感じたのは、10数年ぶりです。
かつて、私がこの国を一人旅で回っていたとき、海辺の田舎の屋台で食べた
シーフードはやはり最高でした。

しかし、欲張って食べすぎたせいか、はたまた半ナマのものがあったのか、
理由はわかりませんが、数時間後に死ぬほどの吐き気と下痢に襲われ、
異様なまでの大量の汗をかきながら、意識朦朧とした状態で這って何とか
近くのホテルに転がり込み助けを求めた、そんな体験をしたことがあるのです。

そこから1日半、飲まず食わずでひたすら部屋のベッドとトイレを何十往復もし
ました。日本から持ってきていた薬も、現地の薬もすぐには効き目なく、
気休め程度にしかなりませんでした。

散々苦しみ、疲れ果てていつの間にか眠ってしまった翌朝、目が覚めると、
なぜかすっかり元気になっていました。あの苦しみは何だったのでしょうか。

それ以来、といってもいいでしょう。ベトナムでシーフードを口にすることは、
どこかで無意識に避けていたように思います。幸いベトナムにはおいしい食べ物
がたくさんあるので、困ったことはありませんでしたが。

そして今回、かつてのトラウマを忘れ、舌鼓を打つほど「おいしい!」と感じた
のは、本当に10数年ぶりでした。

時間は9時過ぎ。まだまだ宴はこれからだ。
そんな様子で、より賑やかさを増した超満員のシーフードスレストランをあとに
して、意気揚々と宿泊施設へと戻っていったのでした。

ベトナム南部旅行 2 Southern Vietnam Trip Part 2

ベトナム南部旅行 2 Southern Vietnam Trip Part 2

ベトナムの熱海(と言われる)、ブンタウ。

 

35度以上の1年中真夏日であるベトナムの暑さの中、海辺の穏やかな潮風を

感じながら、ある乗り場へと向かいました。

 

ビッグマウンテンという名前は大きいけど、大きいのか小さいのか判断しかねるよ

うな山をケーブルカーに乗り、頂上まで登っていくのです。

(more…)

ベトナム南部旅行 1 Southern Vietnam Trip Part 1

ベトナム南部旅行 1 Southern Vietnam Trip Part 1

ベトナム南部の入口、タンソンニャット空港に降り立ち、出口へ向かうと、

まるでスターの到着を待つかのごとく人、人、人。

 

数年ぶりに訪れたホーチミン。

35度を超えるその熱気と匂い、人々、街の喧噪に包まれて、あっという間に

日本とは違う別世界に引き込まれます。

(more…)

昨年の振り返りと今年の目標、そして書き初め Last Year’s Reflections and This Year’s Calligraphy

昨年の振り返りと今年の目標、そして書き初め Last Year’s Reflections and This Year’s Calligraphy

「昨年はあまり一生懸命勉強しませんでした。

今年は一生懸命勉強して、JLPTにも合格して、

もっと日本語も上手になりたいです」

 

「昨年一番よかったことは、日本に来られたことです。

よくなかったことは、試験に失敗したことです。

今年はもっと頑張って、絶対に合格しようと思います」

(more…)