Select Page
ベトナム南部旅行4

ベトナム南部旅行4

今回の短いベトナム滞在では、ブンタウを訪れた以外、観光という観光は

しませんでした。

 

海外の国へ行って、有名な観光地を訪れるのはも  ちろん楽しいですが、

もっと好きなのは路地裏散歩です。

 

 

路地裏を散歩していると、妙にわくわくするのです。

そこに住んでいる人たちからすれば、なにそれ・・・と怪訝な顔でもされてしま

いそうです。日本で路地裏をうろうろして、じろじろいろんなところを見回って

いたら、不審者扱いすらされてしまいそうです。

 

でも、ここでの路地裏散歩は、とにかく楽しいのです。

おそらく路地裏を歩くと、その国の人々の生活が垣間見えるからだと思います。

 

自転車と人がやっとすれ違えるぐらいの狭い道を歩いていくと、平日にも関わら

ず、少しひらけたところで、住民たちが家の軒先で椅子に座って談笑しています。

ステテコ姿のおじさんがコーヒーを飲みながら新聞を読んだりしています。

フォーをすすっているおばさんがいます。バインミー(サンドイッチ)を作って

いる屋台のおばあさんもいます。大きな荷物を肩に担いで狭い路地を器用に

抜けていくおじさんがいます。暇そうにただ椅子に座って外を眺めているだけの

おじいさんもいます。

 

路地裏に並んでいる家々は、けっこうオープンです。家族で食事中だったり、ベッ

ドに寝転がってテレビを見ている人がいたり、洗濯をしてのんびりとその洗濯物

を干している人がいたり。

 

大通りの喧噪から離れて一歩路地裏へと足を踏み込むと、そこに住んでいる人の

生活が見えるのです。時間の流れも、急にゆったりした流れに変わったような

感じを受けます。どこからともなくやってきた外国人の私に対して、冷たい目を

投げかけるわけでもなく、にこやかに挨拶をもしてくれます。

 

ベトナム滞在の最終日、昼間、この路地裏で子どもたちの誕生日パーティーが行

われていました。家の中でやっているのではなく、散歩していた路地裏の狭い道

での光景です。日本にはこういうのないなあ、と思いながら楽しそうな子どもた

ちのはしゃぐ姿を見ていました。

 

昼間の誕生日パーティーが終わったかと思ったら、夕方頃からいつのまにか主役

は変わり、仕事などから帰ってきた大人たちの宴会に変わっていました。

 

近くの家に寝泊まりしていた私の部屋には、深夜2時、3時頃になっても

賑やかに歌を歌ったり、乾杯の掛け声が何度も続いたりする声が延々と

響いていました。

 

不思議と嫌な気持ちにはなりません。

 

こういうのがまたベトナムだよなあ、などと参加してもいないのに一人で満足感

に浸り、そのままほとんど寝ることもなく、翌朝5時には空港へと向かったので

した。

 

また今度いくときも、そしてこれからもずっと、なくなってほしくない光景です。

 

ベトナム南部旅行 1 Southern Vietnam Trip Part 1

ベトナム南部旅行 1 Southern Vietnam Trip Part 1

ベトナム南部の入口、タンソンニャット空港に降り立ち、出口へ向かうと、

まるでスターの到着を待つかのごとく人、人、人。

 

数年ぶりに訪れたホーチミン。

35度を超えるその熱気と匂い、人々、街の喧噪に包まれて、あっという間に

日本とは違う別世界に引き込まれます。

(more…)

1年生遠足~横浜カップヌードルミュージアムと八景島シーパラダイス~ Year 1 Students Excursion – Yokohama Cup Noodle & Hakkejima Sea Paradise

1年生遠足~横浜カップヌードルミュージアムと八景島シーパラダイス~ Year 1 Students Excursion – Yokohama Cup Noodle & Hakkejima Sea Paradise

学生120名、大型バス3台。

松戸国際学院としては、過去最大規模の学年遠足。

行先は横浜カップヌードルミュージアムと八景島シーパラダイス。

 

10月に続いた台風、連日のぐずついた天候で遠足実施が心配されましたが、

当日を迎えてみれば嘘のような快晴、上着いらずのぽかぽか陽気に恵まれ、

絶好の遠足日和となりました。

午前中はカップヌードルミュージアム。

みんなの日本語にも出てきたカップヌードルの父「安藤百福さん」の発明記念館。

これが安藤さんか、と銅像の前でパシャパシャと写真をとり、何十年にも渡り愛

されてきたカップヌードルのヒストリーに感嘆の声を上げ、学生たちがほぼ毎日

お世話になっている(らしい)カップ麺を今度は自分だけのマイカップヌードル

として作る体験コーナー。

 

 

様々な国のヌードル試食が体験できる麺ロードでは、自国の麺を口にして「まず

い」と厳しい評価を下す学生、いろいろ食べてみたいと3種類、4種類とチャレ

ンジしてみる学生など。

 

平日にも関わらず大混雑状態の中、皆、楽しみながら館内を回っていました。

 

午後は場所を移して八景島シーパラダイスへ。

打って変わってこちらは意外にもガラガラのスッカスカ。

アトラクションにもショー見学にも食事にも、ほとんど待ち時間のストレスなど

もなく、快適自由に動きまわることができました。

イルカやアシカが登場し、アクションを起こすたびに興奮気味に声を上げる学生

たち、垂直落下のブルーフォールの恐怖に涙する学生、余裕をかます学生。

水族館で優雅に泳ぐ魚たちを見て見惚れる学生、食べたいなあとつぶやく学生。

3時間ちょっとの滞在時間のなかで、それぞれ思いおもいの時間を過ごして

その光景を胸に焼きつけたようです。

 

天候にも恵まれ、また大きな怪我や体調不良もなく、全員が無事に帰ってくるこ

とができました。

 

日本に来てまだ数ヶ月の1年生たち。

 

忘れられない思い出ができて、よかったですね。